旦那 不倫

旦那の不倫・・・代償をしっかり払わせるには

よくあるやり取り・・・

 

・・・これらは、典型的な不倫の逆ギレ文句!

 

 

↓↓↓無料で旦那の不倫について相談できる!↓↓↓

 

 

旦那の不倫が疑わしいとき・・・

 

「旦那が不倫しているっぽい・・・」
「どうやら旦那は社内不倫をしているみたいだ・・・」

 

そんなあなたの旦那には、
いくつかの不倫の兆候が出ているかもしれません。

 

急な仕事の用事がはいって、休日に夫が家にいないことが多い・・・。
ある日を境に、急に夫が身だしなみを整えるようになった・・・。
夫が家にいるときは、携帯をなかなか手放さない・・・。

 

考えだすと、自分でもびっくりするほど思い当たる節が出てくるものです。
だからといって、うかつに旦那を問い詰めてしまってはいけません。

 

旦那の不倫を問い詰めてはいけない

「何の証拠があってそんなことを言うんだ!」
「夫婦なのに、夫を信じられないのか!」

 

・・・等と言われてしまったら、それで言い返せません。
夫が浮気している証拠がなければ、開き直られてしまったらそれでおしまいなのです。

 

旦那のガードが硬くなってしまう

さらに、旦那に不用意に不倫を問い詰めてしまった場合、
旦那のガードが硬くなってしまうことが簡単に想像できます。

 

そうなると、不倫の証拠をつかむためのハードルが一気に高くなってしまうのです。

 

旦那の不倫・・・こんなとき、対応はどうする?

旦那の不倫を疑いだしたとき、いろいろ考えなければいけない問題が出てきます。

本当に旦那が不倫していたら、どうやって本人に認めさせたらいいの?
夫が浮気を認めなかったときの対応は、どうする?
離婚するには、どうやって切り出したらいいの?
こどもの親権を得るには、どうしたらいいの?
夫と浮気相手に慰謝料請求をしたいけれど、できるの・・・?

 

・・・などなど、これらは考えなければいけない問題の、ほんの一部。
わからないことだらけなので、考えるだけで目の前が真っ暗になってしまいます。

 

そんな時には、不倫に詳しい専門家に相談するのがオススメです。

 

でも、もし弁護士に相談したら相談料が30分5000円が相場なので、気乗りしませんよね?

 

原一探偵事務所の無料電話相談

そこで、不倫の専門家、探偵に夫の浮気を相談するようにしましょう。
原一探偵事務所という探偵事務所での相談なら、なんと無料で電話相談ですることができます。

 

「まず、何からはじめればいいのかわからない・・・」という人に、とってもオススメです!

 

 

 

徳光和夫さんの「逢いたい」や、「バンキシャ」などTVでもお馴染み!!

 

 

↓↓↓旦那の不倫は、専門家に無料相談!↓↓↓

 

 

弁護士は法律のプロですが、夫の浮気の証拠を集めることは専門外です。
その点、探偵は夫の浮気の証拠をおさえることにかけてはプロ中のプロ。

 

そのため、実は夫の浮気問題に関しては、実務に詳しい探偵に相談すべきものなのです。
弁護士に相談したとしても、必ずどこかのタイミングで、探偵を紹介されるはずです。

 

それなら、最初から相談料無料の探偵に、夫の浮気相談をしたほうが費用も安く抑えられますし、
なにより夫の浮気問題の具体的な相談を、より詳しくすることができます。

 

現在、無料相談を行っている探偵事務所で、
とくに夫の浮気調査など全般に詳しいことで評判なのが、原一探偵事務所です。

 

旦那の不倫の真実は、探偵に依頼して突き止める

旦那の様子がおかしいと感じたら、
原一探偵事務所に浮気調査を依頼するのがオススメです。

 

原一探偵事務所なら、ここまで夫の行動について詳細に分かる!

 

旦那の不倫調査というよりも、素行調査という考え方もあります。
様子がおかしいだけでは、= 夫が浮気している、ということではないかも知れません。

 

中にはギャンブルで借金を抱えていたり、こっそり習い事をしていたり、
家計を助けるために仕事のほかにアルバイトをしているなんてこともあるでしょう。

 

しかし、なんとなく夫が他の異性に浮気しているような雰囲気があれば、
不倫を疑うのももっともです。

 

自力で旦那の不倫を突き止めようとしてはいけない理由

探偵に任せる旦那の不倫の調査は、
自分で浮気しているか調べるのとどのように違うのでしょうか。

 

自分以外による夫の浮気調査の場合、
プロということになると浮気調査会社や、探偵事務所に依頼することになります。

 

探偵は、夫の浮気調査のノウハウを熟知していますから、
どのようにすれば的確に旦那の不倫の真実を調べられるか、頭と体で覚えています。

 

不倫されたときに大切なのは、
旦那が浮気相手と浮気したことが客観的に誰でも分かるような証拠を掴むこと
です。

 

そのためには、旦那と不倫相手に、
肉体関係があったと判断できるような証拠の画像や音声が重要です。

 

例えば、旦那が不倫相手と一緒にラブホテルに入る写真などは証拠の決め手になりますが、
自分で証拠写真を撮影するなんて難易度が高すぎるのです。

 

※決定的な旦那の不倫現場の証拠。自分でここまで近づいて撮影するのは不可能

 

探偵なら、自分では無理な旦那の不倫の証拠集めも、すんなりスムーズ

※決定的な夫の浮気の証拠をおさえた報告書

 

その点、探偵に夫の浮気調査を依頼すれば、
旦那の不倫現場という、空前の撮影チャンスを逃すことはあり得ません。

 

探偵なら撮影機材も充実していますので、もし暗かったり遠かったりしても、
的確に旦那とその浮気相手の顔が分かるような証拠写真をおさえてもらうことが可能です。

 

旦那の不倫の証拠さえ掴めば、夫と離婚する際に慰謝料を請求したり、
自分に有利に離婚話を進めることも可能です。

 

また、夫の不倫相手に慰謝料を支払わせることも可能になります。

 

夫の浮気の証拠を突きつけなければ、夫側も「浮気なんかしていない」、と嘘を突き通そうとするでしょうから、
プロの探偵に任せて浮気調査をするというのはとても大切なポイントになってきます。

 

 

原一探偵事務所での無料電話相談の風景

 

 

↓↓↓まずは旦那の浮気について無料相談!↓↓↓

 

 

 

旦那の不倫の証拠を掴んでも、もちろん必ずしもすべての夫婦が離婚するわけではありません。
実際に約半数が、旦那の不倫の証拠を掴んでおきながら、離婚していないのです。

 

旦那に反省してもらって、充分に冷や汗をかかせて懲らしめたあと、
夫婦の関係をやり直しすることも可能なのです。

 

もちろん、夫と離婚するのか、やり直すのかはあなたの自由。
夫の浮気の証拠さえ握ってしまえば、あなたの思い通りにことを運ぶことができます。

 

 

不倫の慰謝料を確実に取りたい

 

 

信じていた旦那に不倫をされ、慰謝料を絞りとったという話を聞きますが、
確実に旦那から慰謝料を取るにはどうすればいいのでしょうか。

 

慰謝料を取る時に一番大切なことは、
旦那が不倫していた、ということがはっきりとわかる証拠が必要です。

 

旦那の不倫現場の証拠もないのに慰謝料を請求しても、慰謝料が認められなかったり、
離婚を考えていたとしてもできなかったりする場合もあります。

 

確実に旦那の浮気の証拠を得るために、弁護士だけでなく、
探偵事務所に頼んで、まずは決定的な証拠写真などを揃えることから始めてください。

 

確実な旦那の不倫の証拠だと認めてさえもらえば、あとは弁護士に書類等を渡して、
法廷までもっていけば慰謝料はほぼ確実にもらうことができます。

 

旦那の携帯を見て異性の人とメールのやり取りをしていたなどのものは、
完全な浮気の証拠とはいえないので注意が必要です。

 

また旦那に不倫されてはじめて婚姻関係が崩れた場合のみ、
慰謝料請求が認められます。

 

そのため、婚姻したけど夫と会話もなく別居していたなど、
浮気以前に夫婦関係が破綻していたと判断された場合は、
夫との離婚は、協議離婚になるでしょう。

 

その場合はさっさと慰謝料無しで夫と縁を切ってしまったほうが現実的と言えます。

 

夫の不貞行為による慰謝料額の相場とは

 

夫の不貞行為による慰謝料額の相場は、どのくらいなのでしょう。

 

慰謝料の額は、夫の不貞行為の内容や婚姻期間によって変わってくるので、
相場というのは一概には言えませんが、大体、50〜300万円ぐらいの間で推移しています。

 

少額の場合は60万円以下が多いです。
この場合、旦那の不倫相手の責任が副次的なケースで、
それ以前に夫婦間に夫婦関係破綻の原因があるような場合です。

 

たとえば、夫の暴力や、別の不貞行為などがあるパターンです。

 

旦那の不倫が上司部下の関係で、
夫の浮気相手が職場を辞めていて社会的制裁を受けているような場合、
慰謝料の額は事情が考慮され、50万円ぐらいになることが多いです。

 

夫の浮気の原因が、単一的な要素ではなく、
複合的な複数の要素から総合的に判断される場合、
慰謝料の額の相場は、100〜200万円になります。

 

どちらが積極的であったとか、
夫の浮気が夫婦関係を破綻させたり、
別居や離婚にいたらしめたケースなどです。

 

旦那と不倫相手が同棲しているような場合も、このケースに該当します。

 

不倫が婚姻関係破綻の直接的原因になっており、既に別居していて、
さらに、夫の浮気相手のほうが主導的で交際期間が長期にわたるような場合、
不貞行為による慰謝料額の相場は、300万円以上に跳ね上がります。